交通事故後の流れ

いつ、どこで遭遇するかわからない交通事故。どんなに気をつけていても、偶然によって引き起こされる「不慮の事故」を完全に防ぐことはできません。あまり考えたくないことですが、万一の事態にそなえて迅速な対処法を知っておくことはとても重要です。交通事故の加害者と被害者では、事故後にとるべき対応が違ってきます。このサイトでは加害者と被害者両方の視点から事故後の時間経過をシミュレートし、それぞれに必要な手続きや示談交渉のポイントなどについて解説しています。

被害者の視点では、交通事故に遭った直後にすませるべき事務手続きや加害者との交渉プロセス、裁判にまで進んだ場合の留意点について説明します。加害者側の視点では、事故後に負うべき法的責任や示談交渉での注意点について専門用語をまじえて解説します。

また、自動車同士の事故、自動車対歩行者、自転車対歩行者など、状況によって被害の程度や過失割合などが大きく変わってきます。事故を起こした場所によっても示談金の相場に差が出る場合があります。過失割合について正確な知識をもっておくことは、被害者と加害者双方にとって事故後の交渉を円滑に進めるうえできわめて重要です。

交通事故に遭う確率は、日常のなかで考えるとそれほど高くはありません。けれど、いったん事故が発生してしまうと、加害者と被害者双方が深い傷を負うことになります。めったに起きないからこそ、いざという時にそなえてきちんと知識をたくわえておくことが必要なのです。

このサイトには交通事故後に必要となる知識やノウハウがわかりやすく載っていますので、ぜひご活用ください。